カテゴリ:陸上自衛隊 > 都城駐屯地

>2021.02.04本日紹介するのは、陸上自衛隊の96式装輪装甲車 通称「WASP」この手の車両を撮影する際は、やはり同一目線が一番いいですね一部の駐屯地では、官舎の屋上などを開放して見学出来る所もあるみたいですが、経験上ヘリを撮影する以外は余り旨味を感じません・・・本 ...

>2021.01.20本日紹介するのは、朝の早い時間に都城駐屯地の訓練場に飛来した2機のUH-60JAこの日は風の影響で西側から降りて来たので、上がりは正面が狙えるかも?と自宅のベランダで待っていたのですが、1機目はホップして直ぐに向きを変えてしまいゲットならず、しかし2 ...

>2020.10.11本日紹介するのは、陸上自衛隊 第Ⅲ対戦車ヘリ隊 AH-1Sその昔、都城駐屯地創設記念行事の絡みで飛来していた際のショットで、この頃はまだデジカメは装備しておらず、モノクロ主流だった私が、珍しくポジで撮影しておりました今年はコロナの影響で、全てのイベン ...

>2020.09.28本日紹介するのは、陸上自衛隊の74式戦車当ブログでも度々紹介しておりますが、その姿は何度見ても飽きないですね。最近の10式戦車等も非常にカッコイイとは思いますが、74式の低いシルエットと、避弾経始に優れるであろう砲塔等は、最近の角ばった戦車を見慣れ ...

>2020.09.12本日紹介するのは、陸上自衛隊の82式指揮通信車 通称「シキツウ」戦後初の装輪装甲車両として開発された「シキツウ」ですが、通常この手の車両は、戦闘車両をベースに通信装置等を搭載した派生型で有る事が多く、その点「シキツウ」は最初から指揮通信専用車両と ...

>2020.08.30本日紹介するのは、今年の3月に退役した陸上自衛隊の観測ヘリOH-6D20年以上前に、都城駐屯地の野外訓練場で撮影したショットですが、この頃は離陸から降りまで許可さえ貰えば近くで撮影出来たので、ヘリが飛来すると大急ぎで撮りに行っていたものです今思えば夢 ...

>2020.08.20本日紹介するのは、陸上自衛隊 第42即応機動連隊 16式機動戦闘車今年は陸自のイベントも軒並みキャンセルとなっておりますので、カメラの出番が余り無いのですが、その分 釣り具の出番が多くて・・・本日の記事を気に入って頂けたなら[ポチお願いします] ...

>2020.06.07本日紹介するのは、陸上自衛隊と海上自衛隊の川崎OH-6◆陸上自衛隊OH-6D都城駐屯地の野外練習場を離陸する、オスカーの愛称で親しまれていたOH-6D◆海上自衛隊 OH-6D・OH-6DA鹿屋航空基地のエプロンに並ぶ(手前から)OH-6DA・OH-6D・SH-60Jの列線今では懐かしい ...

>2020.05.22本日紹介するのは、コロナ災禍で開催が中止となった陸自イベントを偲んで、昔 撮影した創設記念行事のショット◆60式自走無反動砲 都城駐屯地以前、ネガからのスキャンで色を出せなかったので、止む無くモノクロで紹介した物ですが、今回 取り込み直した際に再度 ...

>2020.04.15本日紹介するのは、陸上自衛隊の多用途ヘリUH-1H 「ひよどり」◆エアメモで撮影したUH-1Hお祭り終了時のお帰りショットですが、現在は外来の帰投時間に合わせて、観客は展示エリアから締め出されてしまうので、この様なショットは撮れなくなってしまいました◆都 ...

↑このページのトップヘ